いぼは切除で治療可能!手軽にチャレンジできる

美容整形で人気の施術

水着姿の女性

除去にかかる費用の相場は

いぼとホクロは似ているようで別物です。口元や目元にあればチャームポイントにもなりプラスの印象を与える事もあるのはホクロで、いぼは大方ネガティブなイメージを持たれがちです。気になるいぼは皮膚科、もしくは美容整形で除去する治療を受ける事が出来ます。特に美容整形クリニックで受けるいぼ除去は昨今人気となっています。そもそもイボには2種類あります。ウイルス性のものと、非ウイルス性のものです。後者の原因は大抵が加齢です。ウイルス性のものは顔や手などの小傷から入り込んだ細菌によって簡単に感染してしまいます。気になって触ってしまったり、間違ったセルフケアを試したりする事で感染が広がり数が増えてしまう事もあります。また、ホクロと同じように物によっては悪性腫瘍である可能性も否めません。そのような知識が世間的に広まり、しっかり病院を受診して診断を受ける人が増えた事はいぼ治療が人気となった理由の一つと言えます。また、その治療の手軽さも人気の要因かもしれません。美容整形と聞くと鼻を高くしたり目を大きくしたり等の手術的な施術がイメージされますが、イボ除去は非常に簡単な物です。いくつか除去方法にも種類がありますが、その中でも人気があるのはレーザーによる治療です。「除去」という言葉が大袈裟に感じてしまう程レーザー治療は痛みも少なく短時間で終わります。数や大きさにもよりますが、1ミリあたり数千円と費用も比較的安価で、場合によっては通常の皮膚科より安く済む場合もある為、手軽にチャレンジできる点が多くの患者さんから支持されているようです。いぼ除去の方法にはいくつか種類があります。一番知られているのは液体窒素を使った「凍結療法」です。綿棒の先に液体窒素を付け、患部に当てます。わざと火傷の状態を作る事で除去するのです。多少痛みがあります。また、1度の治療で完治するのは難しく、複数回に分けて施術する必要はありますが、健康保険適用の治療方法ですので費用は3割負担で済むというメリットがあります。その他には専用の器具を使っていぼを除去する「くり抜き法」や、大きいものの場合はメスで切って皮膚を縫う「切除縫合法」もあります。特にメスで切開する場合は効果に確実性があるのがメリットです。昨今注目を集めているのはレーザーによる治療です。周りの皮膚を傷つける事なく患部にだけ照射できる利点があります。施術時間も数分と短く、施術後のダウンタイムも軽度なためいぼ除去治療でよく選ばれています。それぞれの治療による費用を比較してみます。まずは凍結療法ですが、1回あたりの受診では千円程度かかります。先述の通り複数回にわたって繰り返す必要があります。切除縫合法の場合は大きなものなどレーザーや液体窒素が効かない難治性のものに適用される事が多いため費用は高くなり、おおよそ3万円~5万円が相場となっています。レーザーの場合は大きさにより費用が異なる場合が多いようです。相場は1ミリあたり2千円~5千円です。1ミリ2千円のクリニックで1センチのイボを除去する場合2万円かかるという計算です。除去方法に関しては、それぞれのイボの原因や形状によって最適な方法が異なりますので、気になる場合は一度医師に相談すると良いでしょう。

キレイに取り除くために

女性

顔や体にぽつんとできると非常に目立ついぼは、治療にもいくつかの種類があります。メスやレーザーを使うものなど様々ですが、いぼの大きさや数によって適している施術方法が変わるため、医師としっかり相談した上で治療内容を決めましょう。

詳しく見る

二分できる疣贅

顔に触れる女性

いぼにはウイスル性と老人性があり、保険診療では液体窒素療法、自費診療では炭酸ガスレーザーが一般的な治療法です。医療法で禁止されている虚偽広告や誇大広告を提示しているクリニックは避け、様々な媒体から情報を得て検討してください。

詳しく見る

ウイルス性は時間がかかる

看護師

尋常性疣贅などのウイルス性いぼは、完全に病変部を除去するのに時間がかかる場合が多いです。自費診療の炭酸ガスレーザー治療では、どのくらい処置回数が必要か、副作用はあるのかなどの説明はしっかりと受けてください。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼは切除で治療可能!手軽にチャレンジできる All Rights Reserved.